こたつ使用上の注意点


こたつを使って毎日の生活を過ごすのは暖かくてほっこりしてとても気持ちのいいものです。
こたつがあまりに気持ちが良すぎてでてこられなくなってしまっては大変です。

さてそんなこたつにも使用上の注意点があります。
身体についての注意事項。
こたつを起因とする事故の発生。
最悪の場合は取り返しのつかない火事につながる恐れもあります。

その注意点を見ていきましょう。


身体についての注意事項

からだを暖めるこたつ、時に足を暖めるにはこたつはとても優れている暖房器具です。
ですが足だけでなく体全体入れてしまう人。肩まで入ってしまう人もいるでしょう。
寒さをしのぐだけならが問題ないのですが、身体にとって負担なのはそのまま寝てしまうことです

ヒーターに近い場所で高温になり低温やけどになる。
またこたつに入ったままねむってしまった場合脱水症状になる場合もあります。
朝起きたら喉がからからなんてことも経験があります。

自身の体温調整が上手くできずに風邪をひきやすくなります。

慢性的にこたつで眠っている方は、水分が不足の傾向にあります。
こたつで寝ている途中で水分を補給できないからです。
その水分不足が便秘を引き起こしたり、風邪の原因につながったりします。

冬のこたつは気持ちがいいですが、寝るときは布団やベッドでしっかり寝ましょう。

こたつを起因とする事故に注意

冬の暖房器具としてこたつは定番中の定番。日本の冬にこたつを出す家庭は多いと思います。
電気こたつ、豆炭こたつなど種類は電気だけとは限りません。昔から炭を使ったこたつは普及しています。
大多数の家庭では電気こたつが主流と思いますが、その電気こたつで事故が起きる場合があります。

間違った使い方をしないよう注意することが必要です。

こたつの事故


事例
【事例(1)】こたつの中に押し込まれた掛けぶとんが、ヒーターユニットカバーにあたって蓄熱し、ふとんが焦げたものです。
【事例(2)】こたつの中に衣類を入れて乾燥させていたため、ヒーターユニットカバーに衣類があたって発火したものです。
【事例(3)】家具等で電源コードを踏みつけていたため、コードが半断線状態となって短絡・スパークし、発火したものです

注意点
◆掛けぶとんや座いす、座ぶとんがこたつ内のヒーターユニットカバーに触れないようにしてください。
◆こたつの中で衣類を乾かさないでください。
◆電源コードがこたつの脚等の下敷きになった状態で使用しないでください。
◆電源コードを折り曲げたり、ねじったりしないでください 。


電気こたつの事故  こたつ使用上の注意点

NITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構)から参照

カートに入れる

商品検索

おしゃれこたつテーブル通販人気第1位

天然木アッシュ材 和モダンデザインこたつテーブル【CALORE】カローレ/長方形(135×85) (カラー:ナチュラルアッシュ)

おしゃれこたつテーブル通販人気第2位

こたつテーブル 長方形(120×80cm)【Brent Wood】ウォルナットブラウン アーバンモダンデザインこたつテーブル【Brent Wood】ブレントウッド

おしゃれこたつテーブル通販人気第3位

天然木ウォールナット材 北欧デザインこたつテーブル new! 【Lumikki】ルミッキ/長方形(120×80) (カラー:ウォールナットブラウン)

税込8000円以上のお買い上げで送料無料
支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」
PR
忍者AdMax